キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 うちわの解説

うちわの解説

うちわの変遷

うちわの解説メイン画像

時代とともに実用品としての姿を無くしていったうちわですが、今また伝統工芸を愛する方々が増え、手作りの良さが認められる時代となりました。

うちわの変遷

戦後、家電製品の登場、ガスの普及により、日常生活に実用品として活躍していたうちわは、その役目を終えるかのように、徐々に減っていきました。

時代の流れとともに、コストダウンを狙ったポリうちわや安価な中国製の竹を使った中国製竹うちわが登場し、大量生産を行うようになったのです。

大量生産ができるようになったうちわは、企業の宣伝ツールとして、またお祭りの場で大勢の人に配られ、盆踊りなどに利用されるようになったのです。

販促品としてのうちわは今も効果のある宣伝ツールとして多くの店が活用しており、うちわが担う役割のひとつとなっています。

最近ではネットの普及でうちわの専門店(うちわ株式会社)に個人でも手軽にうちわを注文する事が可能になりました。

値段も安価ですので利用者の裾野は広がっているでしょう。

節電意識の高まりによりうちわの価値は見直されてきています。

それに加えて日本の伝統文化を愛する人や物づくりの精神を大切にしたい方が増え、国産の竹を使った職人の技術が生きる竹うちわに目を向ける人も増えてきました。

手に馴染む竹の心地よさを感じてみたい方は好みの竹うちわを見つけ、お祭りの場や日常生活に活躍させてみませんか?

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS

<Copyright うちわの解説>